ダイソーのステンレス湯煎ボウルを、アウトドア用シェラカップとして使ってみる。

ダイソーの108円ステンレス湯せんボールをアウトドア用のシェラカップとして使ってみました。

アウトドア・キャンプで使われるシェラカップというのは、湯を沸かしたりするのに便利な注ぎ口のついたカップのことです。

スノーピークのだと1000円程度します。

 

アウトドアで、コーヒーを淹れるのにお湯を沸かしたかったのですが、カップに1000円というのも高いような気がしたので、とりあえずダイソーで似た形のものを買ってきました。

ステンレス湯煎ボール

それがこの、ステンレス湯煎ボールです。

内径13 cmです。チョコレートやバター用です。

インド製、満水容量は580 mlとなっています。

注意点としては、直火不可です。

サイズ

サイズを測ってみます。

外径は13.5 cm程度。

ボールの取っ手の長さは21 cm程度です。スノーピークのものみたいに曲げて使っても良いですね。

底面は7 cm程度

高さは6cm程度です。

試しに使ってみる

湯がわくかテストしてみます。クエン酸を加えた水を沸かして、ステンレスを洗浄します。

直火不可ですので、決して真似しないでください。

無事沸きました。まあ、ゆっくり加熱すれば牛乳パックでも湯が沸かせるくらいですから…

重さ

70 gくらいです。

容量

公称の満水容量は580 mlでしたが、満水では使えないので使える水量を測ります。

容器を載せて0リセットしています。

こぼれそうなくらい水をいれて500 mlです。このまま沸騰すると水がこぼれますが、沸かさない場合はこれくらいいけます。

常識的な量だと400 ml入りました。カップ2杯分ですね。

テトラで使える

ミニ焚き火台テトラで、すこし不安定ではありますが、使えました。

100均の焼き網を敷けば安定します。

私としてはシェラカップを買わなくてもしばらくはこれで十分だと思いました。

 

ただ上部が広がっているため、これで水を沸かすと熱効率が悪く思えました。

薪や炭で湯を沸かしたいという場合には、余った火力なので気にならないでしょう。

100均のカップで安いため、汚れても気になりません。

 

ただ何度も書きますが、直火不可の商品ですので真似しないでください…

 

テトラについてはこちらの記事に書きました。

SOTOのミニ焚き火台テトラは、固形燃料に最適でコンパクトな焚き火台!

まとめ

ダイソーのステンレス湯煎ボールは注ぎ口がついており、シェラカップとして使えます。

ただ直火不可ですので、火にかけない用途として使うのに限られます。

 

直火にかけたい場合は、安全のため、直火可能なシェラカップを買うと良いでしょう。

 

以上、ダイソーのステンレス湯煎ボウルを、アウトドア用シェラカップとして使ってみる。でした。

コメント